おすすめリポバッテリー まとめ(2017年4月更新)

公開日: 2016年2月3日水曜日 ラジドリ



現在のラジドリで一般的に利用されるバッテリーがリポバッテリーです。
リチウムポリマー充電池(Lithium Polymer Battery)のことをいい、
小型・軽量でありながら高出力であることが特徴です。

そんなリポバッテリーですが、色んなメーカーからリリースされており、
容量、パワー、耐久性、扱い易さなども様々。

この記事では数あるリポバッテリーの中でも、の周囲で利用率が高く、
且つ評価の良いリポバッテリーを紹介してみます。

ぜひ、リポバッテリー選びの参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク




おすすめリポバッテリー


■ヨコモ ストレートパックLIPO 4000


ヨコモのハードケースタイプのリポバッテリーです。
容量&パワーはリポバッテリーとしては丁度良いバランスがで、
リポバッテリーのデファクトスタンダードとして長く愛用されています。
耐久性も抜群で、長期間の利用でも膨らみにくいバッテリーです。

実際に私も愛用しているのですが、誤っての過放電などでも
膨らむことなく、長期に渡って安定して使えています。
パワーもあり過ぎず、物足りないこともなく丁度良い感じ。

ヨコモの製品なのでサポートも安心。
リポの選択で迷ったら、まずはこのバッテリーで良いと思います^^

容量   : ★★★
パワー :  ★★★
扱い易さ: ★★★★★


■ヨコモ ストレートパック4000mAh(T型コネクター仕様)


ヨコモのストレートパックのリポバッテリーです。
コネクターがタミヤコネクターではなくT型が標準で付いている
のでたいへん便利です。
ストレートパックなのでシャーシ形状を選びません。
容量は標準レベル、パワーは控え目なので、走行としては
扱い易いです。
そのような観点から初心者にオススメできるバッテリーです。
こちらもヨコモの製品なのでサポートは安心。

容量   : ★★★
パワー :  ★★
扱い易さ: ★★★★★★


■G-FORCE CATAPULT 4200mAh 60C リポバッテリー


ジーフォースのハードケースタイプのリポバッテリーです。
高い放電特性でありながら安価なのが最大の特徴。
パワーはヨコモの定番ストレートバッテリー4000mAhより、
ひとまわりパワー感があり好印象のバッテリーです。
これだけのパワーとバランスで破格ともいえるこの価格はコスパ最高。
気になるのは今後の安定供給というところでしょうか。
この先、この価格でロングセラー化してくれれば、リポバッテリーの
新しいスタンダードになると思います。

容量   : ★★★☆
パワー :  ★★★☆
扱い易さ: ★★★★★

■G-FORCE CATAPULT 5800mAh 70C リポバッテリー


ジーフォースのハードケースタイプのリポバッテリーです。
これも高い放電特性でありながら安価なのが最大の特徴。
パワーはヨコモの定番ストレートバッテリー4000mAhよりも、なお且つ
上記CATAPULT4200mAh60Cよりもひとまわりパワーが大きいです。
でもパワーが有り余るレベルではなく丁度良いハイパワーといったところ。
これだけのパワーで破格ともいえるこの価格はコスパ最高といえます。
これも、気になるのは今後の安定供給というところですね。
この先、この価格でロングセラー化してくれれば、リポバッテリーの
新しいスタンダードになると思います。

容量   : ★★★★★
パワー :  ★★★★
扱い易さ: ★★★★★



2017年4月追記!
ヨコモ レーシングパフォーマー ウルトラ Li-po 5000mAh/7.4V 100C ショート


ヨコモのショートタイプのリポバッテリーです。
通電効率の向上など特に品質にこだわった、大出力を誇るバッテリー。
エキスパートやワークスドライバーも愛用するバッテリーです。
容量はさることながら、圧倒的なパワー(パンチ)は特筆もの。
全域のトルクが増し、スロットル後半にも余裕ができるイメージ。
値段は高いですが、その分戦闘力は最強です。
しかし、ハイパワー&高品質が故に過放電や保管などの扱いを
十分考慮する必要があります。
リポバッテリーの正しい扱い方さえ守っていれば問題ありません。

容量   : ★★★★★★
パワー :  ★★★★★★
扱い易さ: ★★★






リポバッテリーを安全に取り扱うために

パワーがあって一般化されているリポバッテリーですが、
取扱いを間違えると発火事故につながる危険性があります。

そのため万が一の事故を防ぐため「セーフティーバッグ」に入れ、
バッテリーを管理することが最低限必要な安全確保であり、
義務であることを認識しておきましょう。

そんなセーフティバッグをご紹介しておきます。

リポバッテリーの持ち運びや保管をするときは、
必ずセーフティバッグに入れること!

これだけは必ず守って下さい。
大切なラジコンだけではなく火災に繋がりますので。


■リポバッテリー セーフティバッグ



耐熱温度約280℃、引火点500℃の性能があり、熱溶解性&破裂耐性に
優れた特殊コーティング&超耐火クロス素材を採用!
素材生地から縫製まで信頼のおけるオールジャパン製とすることで、
耐火性能を実現したアイテム。


■弾薬箱


自宅でリポバッテリーを保管の際、またサーキット等へ持ち歩きの際、
リポバッテリーをリポバッグに入れ、それを弾薬箱に保管すると
より安全に運用できます。
これが本物の弾薬箱なら安心感が違いますね。
私もそうですが、知人もみんな弾薬箱に収納しています。



あとがき


おすすめのリポバッテリーの紹介レビューは以上となります。

リポバッテリーはメーカーによってすぐに膨らんでダメになる
粗悪なものが存在しますので注意したいところ。
また放電スペックだけでそのバッテリー性能を評価することも
一概にはできませんので、この記事を参考のひとつにして
頂ければと思います。

バッテリーの扱い易さは色々ですが、正しい使用方法と管理
あってのことです。
間違った扱い方をすれば、どんなに良いバッテリーでもダメ。
過充電、過放電、保管には十分に注意するようにしましょう。

正しい取扱いには、セーフティバッグと専用の充電器は必須となりますので、
そのあたりにも配慮するようにしましょう。


コチラにおすすめ充電器の記事を書いていますので、
興味のある方はぜひご覧になって下さい。

ラジコンのおすすめ充電器&比較
http://rcdrift-tips.blogspot.jp/2016/02/blog-post.html





シェア/フォローしてもらえると励みになります!
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A